090-5859-3590

骨粗鬆症で骨折リスク高|静岡市のカイロプラクティック整体院

骨粗鬆症で骨折リスク高|静岡市のカイロプラクティック施術整体

骨粗鬆症とは、骨密度が低下してしまい、骨がスカスカになり、骨折の危険性が高まる怖い病気です。
当院では、骨密度を高める指導をさせていただいておりますので、ご興味のある方は是非ご来院なさってみてください。

こんな方にお勧めの記事です!

・既に骨粗鬆症になっており、骨密度を高めたい方
・今から骨粗鬆症を予防したいと考えられている方

ご予約/お問い合わせ

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症とは、骨密度が低下してしまい、骨がスカスカになり、骨折の危険性が高まる怖い病気です。

骨密度:単位体積あたりの骨量のこと。
カルシウムやマグネシウム等のミネラルが、骨にどれくらい含まれているかの指標となります。一般的に、20代がピークと言われており、その後は徐々に減少します。女性の場合は、閉経後の更年期を迎えると、エストロゲンなど骨を維持する女性ホルモンの低下によって、男性よりも急速に減少することが知られています。

 

エストロゲン:一般的に8歳、9歳頃から卵巣で分泌され、女性らしい身体作りを助けるホルモンです。思春期において、乳房の成長や子宮、膣の発育などを促すとともに、身長や体重の増加に役立ちます。

骨粗鬆症の初期症状は、痛みなどの自覚症状が現れにくいです。
骨粗鬆症が進行するにつれて、背中や腰に痛みが出てきます。
また、背骨が曲がったり、身長が縮むといった症状が現れ始めます。
特に、手首や背骨、太腿の付け根が骨粗鬆症による骨折の頻度が高いところです。
一度骨折をすると、次また骨折する危険性が数倍高くなります。
このため、最初の骨折を予防することが重要になります。

骨粗鬆症で骨折リスク高|静岡市のカイロプラクティック施術整体

骨粗鬆症の原因

骨粗鬆症の原因には、下記のような項目が挙げられます。

・加齢
・生活習慣(食生活や運動不足など)
・閉経後のホルモンバランスの変化
・喫煙
・薬物の使用(関節リウマチやステロイド薬など)

加齢による骨密度の低下は、誰にでも起こり得ますので、予防が大事になってきます。
ちょっとつまずいて転んだだけで、骨折する危険性が高まります。
骨折により療養が必要となり、歩く習慣がなくなりますと、急速に老化が進みますので、注意が必要です。

骨粗鬆症の対処方法

当院での骨粗鬆症の予防方法は、下記の通りです。

・施術により、骨格のゆがみを取る。
・必要な栄養を摂る。
・適度な運動をする。
・睡眠環境の改善

まとめ

まずは、骨格のゆがみを整え、ご自身の治癒力を正常に戻し、基礎代謝を上げましょう!
カイロプラクティック施術と聞くと、バキバキされて痛そうというイメージを持たれている方が時々おられますが、当院の技術は、患者さまにとって負担の少ないソフトな施術となっています。
また、本場アメリカ総合病院の臨床現場で効果が確認されている最新の技術を導入しておりますので、安心して施術を受けていただけます。

ご興味がある方は、ご連絡をお願いいたします。

ご予約/お問い合わせ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアやはてブして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今すぐ電話予約を!