090-5859-3590
ご予約/お問い合わせ

五大栄養素をバランス良く摂取することが大事です。

こんにちは!骨格矯正エキスパートの佐塚です。

身体の肉や骨を作る基本は食事です。
五大栄養素をバランス良く摂取されておりますか?

現代人は栄養不足と言われており、お腹一杯になっても、食べ物の品質が大事です。
とはいえ、現代は食事だけでは必要な栄養が摂れない時代です。
サプリメントを上手に活用して、健康な身体を維持しましょう!

こんな方にお勧めの記事です!

・五大栄養素とは何か知りたい方
・健康志向の方

ご予約/お問い合わせ

五大栄養素とは

・炭水化物
・たんぱく質
・脂質
・ビタミン
・ミネラル

炭水化物

身体と頭を働かせる栄養素です。
糖質はエネルギー源になります。
脳、赤血球、神経系、筋肉などはブドウ糖をエネルギー源とします。

不足すると、思考力の低下や痩せすぎのリスクを高めます。
摂り過ぎると、中性脂肪として蓄積され、肥満の原因になります。
また、糖尿病を誘発します。
糖質の代謝を高め、体内に蓄積させないためには、カイロプラクティック施術を受けることが有効です。

主な食品:米、パン、パスタ、うどん、そば、じゃがいも、砂糖

たんぱく質

身体を作る栄養素です。
筋肉や臓器の構成成分として重要です。
酵素、抗体、ホルモンの原料になります。
不足すると、体力や筋力、免疫力が低下します。
子供では成長障害のリスクを高めます。高齢者では老化を早めてしまいます。
摂り過ぎると、腎臓に負担がかかり、腎機能障害を起こす場合があります。

主な食品:肉・魚・乳製品・卵、大豆

脂質

身体を動かすエネルギーになる栄養素です。
細胞膜や神経組織、核酸などの構成成分として重要です。
効率の良いエネルギー源になります。
不足すると、血管や細胞膜が弱くなり、脳出血のリスクが高まります。
痩せすぎや疲れやすい、体力低下を招きます。
摂り過ぎると、肥満を招き、糖尿病、脂質異常症、動脈硬化のリスクを高めます。

主な食品:肉、魚、乳製品、植物油、バター

ビタミン

他の栄養素の働きをサポートし、ホルモン分泌を調節します。

ビタミンA

成長の促進に働く栄養素です。
視力・視覚を正常に保ち、皮膚や粘膜を健康に保ちます。
不足すると、風邪を引きやすくなったり、肌がカサカサしたり、目の調子が悪くなったりします。

主な食品:トマト、ニンジン、カボチャ、レバー、うなぎ

ビタミンB1

元気になる栄養素です。
炭水化物を分解し、身体を動かしたり、頭を働かせるエネルギーに変える疲労回復栄養素です。
不足すると、身体を動かしたり、頭を働かせるエネルギーが作られにくくなり、身体も頭も疲れやすくなります。

主な食品:豚肉、ハム、ベーコン、大豆、紅鮭、たらこ

ビタミンB2

脂質を分解しエネルギーを作ったり、皮膚や髪の毛を健康にし、成長を促します。
不足すると、口内炎や肌荒れ、吹き出物などの原因になります。

主な食品:レバー、卵、乳製品、納豆、青背魚(アジ、イワシ、ブリ、サバ)

ビタミンC

血管や骨を丈夫にし、肌のハリや柔らかさを保つコラーゲンの生成を助けます。
また、ストレスを撃退してくれる栄養素です。
不足すると、風邪を引きやすくなったり、肌がカサカサしたり、体調が悪くなったりします。

主な食品:イチゴ、オレンジ、レモン、野菜

ビタミンD

カルシウムの吸収を助け、骨や歯を作るのに必須です。
不足すると、骨折しやすくなったり、歯が弱くなります。

主な食品:魚、卵、きのこ類

ミネラル

身体を作り、調子を整えます。

カルシウム

丈夫な骨や歯を作るのに欠かせない栄養素です。
幼児期に不足すると、骨の成長が止まってしまうので注意が必要です。
イライラした気分を落ち着かせる働きもあります。

主な食品:乳製品、大豆、小魚、海草、小松菜

血液中の赤血球に含まれ、酸素と結びついて身体中に酸素を届けます。
不足すると、疲れやすくなったり、顔色が悪くなる、めまいがするなど貧血の原因になります。

主な食品:レバー、赤身の肉・魚、貝、大豆製品、青菜類

マグネシウム

体内で300種類以上の酵素の正常な働きをサポートします。
血液循環を正常に保つために必要です。
神経の興奮を迎え、血圧を調整し、筋収縮に関与します。
不足すると、吐き気、嘔吐、眠気、脱力感、筋肉のけいれん、ふるえ、食欲不振のリスクが高まります。
慢性不足は、骨粗鬆症や心疾患、糖尿病などの生活習慣病のリスクを高めます。

主な食品:大豆製品、魚介類、海藻、木の実

亜鉛

体内で200種類以上の酵素の正常な働きをサポートします。
発育を促し、傷の回復を早め味覚を正常に保ちます。
不足すると、子どもの成長障害のリスクを高めます、
成人は味覚障害や貧血、皮膚炎、免疫機能障害のリスクを高めます。

主な食品:牡蠣(かき)、牛肉

まとめ

食事から十分な栄養を摂取することができれば理想ですが、現実には食事だけでは必要十分な量を摂取できないと言われています。
したがって、食事と組み合わせて、良質なサプリメントを摂取し、身体の健康維持に留意することはとても大切なことです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアやはてブして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今すぐ電話予約を!