090-5859-3590
ご予約/お問い合わせ

低体温になる3つの原因と骨格矯正によるアプローチの関係

この記事では、低体温になる3つの原因と骨格矯正によるアプローチの関係について、説明したいと思います。

こんにちは!骨格矯正エキスパートの佐塚です。

カイロプラクティックの施術を受けて、背骨や骨盤の歪みをとることで、人間が本来持っている自然治癒力が正常に機能するようになれば、低体温の解消につながるかも知れません。

低体温は、がん等さまざまな病気の原因になります。
理由としては、免疫力が低下するためです。
風邪を引くと熱が出ますが、あれば身体の防御本能がウイルスと戦うために、体温を上げているわけです。
ですので、命にかかわるような42度とかの高熱にならない限りは、解熱剤を飲むのは逆効果となり、治りを遅くする可能性があります。
低体温は主に女性に見られますが、栄養のある食事が摂れていなかったり、夜遅くまで起きていて睡眠不足の方に多く見受けられるようです。
また、低体温ですと代謝が低下するので、太りやすくなります。
ですので、改善方針としては、ますは低体温の体質を改善した後に、代謝を上げてからダイエットをすれば体重を落としやすいと言えます。
つまり、低体温のまま、ダイエットをしても、結果が出にくいということです。

こんな方にお勧めの記事です!
  1. 朝起きるのがつらい
  2. 風邪を引きやすい
  3. 気分のばらつきがある
  4. 疲労感が取れない

ご予約/お問い合わせ

低体温の原因

低体温の原因は下記の通りです。

・栄養のある食事が摂れていない
※ジャンクフードや加工食品ばかり食べている等
・夜更かしで睡眠不足
・ダイエットを繰り返す方
※体質改善できていないため、一時的に体重が減ってもすぐ戻ってしまいます。

低体温の解決策(体温を上げる方法)

低体温の解決策は下記の通りです。

・糖質を摂らない
・筋肉をつける
・食品添加物などの化学物質を極力摂らない
※ホルモンを乱し、体温を下げる作用が働きます。
・タンパク質を摂取する
・体を冷やす野菜には注意する
・寒暖差の激しい環境に身を置かない
・カイロプラクティック技術で、骨格のゆがみを整える

当院ではカイロプラクティック技術により、骨格の歪みを矯正することで、人間が本来持っている自然治癒力を正常に機能させることができるようになります。
もちろん、個人差があり、根本原因はさまざまで複合的な問題等もあったりしますが、当院の患者さんで、骨格の歪みを取ることで、自律神経が整い体質改善されて、35度台の体温だった方が36度台となり、昔は朝起きるのがつらくて大変だったそうですが、体温が上がってからは朝気持ち良く起きられるようになったとご報告をいただいています。
もしあなたが低体温でお悩みでしたら、ご相談・ご予約を承っております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアやはてブして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今すぐ電話予約を!