090-5859-3590
ご予約/お問い合わせ

知っていますか?8個のゆがみの原因

この記事では、8個の身体のゆがみの原因について、解説します。
この記事を読めば、悪い生活習慣について自覚できるようになり、それを改善することでゆがみにくい身体作りができるようになります。

こんにちは!骨格矯正エキスパートの佐塚です。

身体のゆがみの原因とは何でしょうか?
この記事では、その原因について解説して行きます。

こんな方にお勧めの記事です!
  1. 骨盤がゆがんでいる。
  2. 背骨がゆがんでいる。
  3. 姿勢が悪いのが気になっている。

肩こりや腰痛で長年悩まされていませんか?
それは、骨盤や背骨のゆがみが原因かも知れません。
そのまま放置しておくと、不定愁訴を招くリスクが高まります。

不定愁訴とは、頭が重い、イライラする、疲労感が取れない、よく眠れない等の何となく体調が悪いという自覚症状があるにもかかわらず、検査をしても原因となる病気が見つからない状態のことです。

個人個人が日常生活の中で、いろいろな悪いクセを持っています。
通常、本人はその悪いクセを自覚していませんが、毎日の積み重ねが大きな結果となり、ゆがみの原因となっています。

身体がゆがむと、姿勢が悪くなり、骨盤や背骨がゆがんできます。
骨盤や背骨がゆがむことで、血流が悪くなったり、内臓が圧迫されます。
そして、内臓機能が低下します。
つまり、自然治癒力が低下し、正常に機能しなくなります。
その結果、肩こりや腰痛などの症状がでてきます。
ゆがみの影響で怖いのは、神経伝達機能が正常に働かなくなり、人間としての日常生活に支障が出ることです。
従って、ゆがみの原因を特定し、改善していく必要があります。

8個のゆがみの原因

挙げれば、きりがありませんが、ここでは8個のゆがみの原因について、書いていきます。

・脚を組む時にいつも左脚(または右脚)が上である。

・カバンを持つ時、いつも左肩(または右肩)にかける。

・立ち姿勢の時に、重心が偏っている。

・脚に負担がかかるハイヒールを履く。

・日常的に、運動不足である。

・長時間のデスクワーク

・寝ながらテレビを見る。

・無理な体勢でテレビを見る。

上記の通り、偏った姿勢がゆがみの原因につながります。

できるだけ早くゆがみの原因を見つけ、改善していくように心がけましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアやはてブして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今すぐ電話予約を!