090-5859-3590
ご予約/お問い合わせ

関節痛に有用なコンドロイチンが含まれる食品について

この記事では、コンドロイチンが含まれる食品について、解説します。
この記事を読めば、コンドロイチンを摂取するための食品がわかるようになります。

こんにちは!骨格矯正エキスパートの佐塚です。

関節痛や健康、美肌効果を高めるためにはどうすれば良いのでしょうか?
この記事では、その方法について解説して行きます。

こんな方にお勧めの記事です!
  1. 関節痛や関節炎などで悩んでいる
  2. 健康に留意したい
  3. 美肌効果を高めたい

コンドロイチンとは

コンドロイチンは、関節痛や美肌効果など健康面で有用なことが認められています。
では、実際に、どのような食品から摂取すれば良いのでしょうか?
実は、コンドロイチンは、一般的に若い頃は必要十分な量を合成できます。
しかし、加齢とともに合成能力が衰えます。
従って、必要十分な量を合成できなくなったら、外部から補わなければいけなくなくなります。
コンドロイチンが不足した状態のまま放置してしまうと、油が切れた歯車のように廻りが悪くなり、そのうち動かなくなります。

コンドロイチンを含む食べ物

コンドロイチンを含む食べ物は、いろいろあります。
ネバネバ、ヌルヌル、ドロドロ、コリコリした食品を思い浮かべてみてください。
具体的には、フカヒレ、スッポン、ウナギ、ドジョウ、鶏の皮、鶏・豚・牛の軟骨、鯛や鮪の目玉、納豆、山芋、オクラ、ナメコ、根コンブ等が挙げられます。

食品のみからコンドロイチン摂取は難しい

食品のみから摂取しようとすると、必要十分な量を摂取することは難しいです。
そのため、基本的には食品から、コンドロイチンを摂取することを心掛けつつ、不足分はサプリメントを上手に活用する方法がお勧めです。
もし既に、関節痛や肌荒れなどの何らかの不調を抱えている場合には、早く改善するために、サプリメントを摂取して体内のコンドロイチン不足分を補う必要があります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアやはてブして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今すぐ電話予約を!