090-5859-3590
ご予約/お問い合わせ

施術でのパキポキ音の真実

こんにちは!カイロプラクターの佐塚です。
この記事では、施術でのパキポキ音の真実について、書いてみたいと思います。

施術でのパキポキ音の真実

施術院で患者様にカイロプラクティックについてのイメージをお聞きすると、骨をパキポキ鳴らされる、怖そう、痛そう、というようなお答えをいただくことがあります。
カイロプラクティックは、「骨の音が鳴って、怖いし、痛い」という少し残念なイメージが定着してしまっているようです。
しかし、施術後に同じように質問してみると、「全然痛くなかった、怖くなかった」とご回答いただけます。
カイロプラクティックの施術の際に、パキポキという音が聞こえることがあります。
しかし、必ずしも音が出る訳ではないですし、昨今では音が出にくい技術を心掛けるなど、カイロプラクターも工夫をしています。
音の正体は一体何なのでしょうか?
では、具体的に解説を・・・と考えたのですが、とても分かりやすい漫画がありましたので、その一部をご紹介しますね。

漫画

【発行】全国健康生活普及会

まとめ

いかがでしたでしょうか?
漫画でもありましたが、パキポキ音は骨そのものが鳴っているのではないのですよね。
普段、自分で指を曲げたり動かしたりした時に、ポキッと鳴るのと基本的に同じなんですよ。
関節の中には関節液と呼ばれる液体があり、施術時に伸びたり圧力がかかると、関節液の中でガスが生じてポキッと音が鳴るのは、その気体が弾けた音なんですよ。
ですので、安心して施術を受けていただいて大丈夫ですよ。

漫画の小冊子ですが、部数限定で当院に置いてありますので、ご予約いただいた患者さまでご希望がございましたら、無料でお渡ししています。
その旨、お声掛けください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアやはてブして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今すぐ電話予約を!