090-5859-3590
ご予約/お問い合わせ

患者様の声(頸椎)

こんにちは!カイロプラクターの佐塚です。
この記事では、頸椎の具合を悪くされてご来院された患者様について、書いてみたいと思います。

この患者様は頸椎に痛みが出て、夜痛くて眠れないということでご来院されました。一週間以上経っても痛みが取れず、右上腕部にも痛みがあり、力が入らないということで、かなり大変な状況でした。一回の施術で即良くなった訳ではありませんが、週一ペースで4回ほど施術を受けていただいたところ、痛みがほぼ取れて、夜も眠れるようになったとのことです。改善して良かったですし、私も非常に嬉しいです。カイロプラクティックの技術は、徒手(素手)だけで施術を行い、骨格の歪みを調整することで、患者様の自然治癒力を高めます。自然治癒力が高まった結果、患者様本人の身体の働きにより症状は改善して行きます。

それではご参考までに、人間の骨についてご説明させていただきます。
人間の骨格は、首から背骨にかけて、頸椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨に分けられます。
頸椎は、椎骨の一部で、頭を支えるための骨です。一部の例外を除いて、ほとんどの哺乳類の頸椎は7個の骨で構成されています。骨の数は、頸椎は7個、胸椎は12個、腰椎は5個あります。頸椎は英語で、Cervicalですので、第一頸椎から第七頸椎までを上から順にC1~C7と呼ばれます。また、第一頸椎(C1)を環椎(Atlas)、第二頸椎(C2)を軸椎(Axis)と呼ばれます。
第一頸椎(環椎)は、第二頚椎(軸椎)とともに頭蓋骨と脊椎を繋ぐ関節を形成しています。他の椎骨とは異なり、環椎と軸椎は関節可動域が非常に大きいです。環椎の特徴は、椎体を持たないこと、棘突起を持たないことが挙げられます。棘突起とは、椎骨の後端が隆起し、突出したものです。
第二頚椎(軸椎)は、第一頚椎(環椎)との間にある環軸関節により体軸に垂直な回転軸を形成します。頭部を回旋させる働きを持ちます。軸椎の特徴は、椎体上面から垂直に伸びる歯突起の存在です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアやはてブして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今すぐ電話予約を!