090-5859-3590
ご予約/お問い合わせ

深呼吸の重要性

こんにちは!カイロプラクターの佐塚です。
この記事では、深呼吸の重要性について、ご紹介して行きたいと思います。

まだまだ暑い今日この頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか。

さて、仕事で緊張状態が続きますと、無意識のうちに浅い呼吸になってしまい、交感神経が優位な状態になります。この状態では、身体のコリや頭痛・偏頭痛、胃腸の不快感、不眠、食欲不振等の不調が生じやすくなります。従って、適度にリラックスを取り入れて副交感神経を働かせる必要があります。心身の健康のためには、交感神経と副交感神経のバランスが大事なんですね。対策としては、仕事中に定期的に呼吸について意識されると良いです。まずはゆっくり吐く。吐き切ると自然と吸うことになります。深呼吸を何度か繰り返していると、副交感神経が働いてくるので、自律神経のバランスが整ってきます。自律神経というのは、内臓の動きや体温の調節等の身体の機能を調整する働きをもつ神経です。浅い呼吸は息切れと不安を引き起こしますが、深呼吸は心拍数を下げて血圧を安定させる働きがあります。

下記の過去記事の「自律神経(交感神経、副交感神経)とは」も参考になさってください。

自律神経(交感神経、副交感神経)とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今すぐ電話予約を!