090-5859-3590
ご予約/お問い合わせ

コンドロイチン硫酸の保水作用

こんにちは!カイロプラクターの佐塚です。

この記事では、コンドロイチン硫酸の保水作用について、ご紹介して行きたいと思います。

人間の身体は約60%が水でできていて、生命活動に必要な体内の化学反応はすべてこの水(体液)が触媒となり行われています。食事で摂った栄養の消化、吸収、運搬から細胞の新陳代謝まで、すべて体液が介在して人間として生きていることができます。つまり、人間は十分な水(体液)がなければ、一秒たりとも生きていけないということです。身体には常に一定量の水を保持しておくための結合組織という貯水池が用意されています。結合組織は貯水に適したスポンジ構造をしており、またその内部には多量の水を分散して保管できるタンクを複数保持しています。この貯水タンクの役割を担っているのがコンドロイチン硫酸です。コンドロイチン硫酸は、マイナス電気を帯びているため、プラスイオンの水分子が近づいてくると、引き寄せて抱え込む性質があります。水は単独ですと、すぐに体外へ排泄されてしまいますが、粘性のコンドロイチン硫酸とくっつくことでゼリー状に固まり、体組織への浸透性が高まり、体内に長く留まることができます。コンドロイチン硫酸の保水力は驚異的であり、その重量の数百倍の水を抱え込むことができると言われています。従って、身体の中にコンドロイチン硫酸が十分あれば、体内の水分はしっかり保持されます。コンドロイチン硫酸の保水力は、若さを保つ原動力です。若者の肌がみずみずしいのはコンドロイチン硫酸が皮膚の結合組織に豊富な水を蓄えているからです。また、健康な関節が滑らかに動くのも、関節軟骨に存在するコンドロイチン硫酸が水をたっぷり抱え込んでいるからです。その他、軟骨や骨、血管、靭帯、心臓弁など、身体のあらゆる組織が円滑に機能する上で、コンドロイチン硫酸の保水力は不可欠です。しかし、体内のコンドロイチン硫酸は年齢を重ねるに従い、減っていきます。これは体内の合成能力が衰えるためですが、コンドロイチン硫酸が減ればそこに抱え込まれる水分量も減っていきます。加齢とともに、皮膚に皺ができたり、関節の動きが鈍くなったり、血管の弾力が失われていくのはこれが原因です。コンドロイチン硫酸が不足した状態では、水分をいくら補給しても身体のみずみずしさは戻りません。植物が枯れるように、全身の組織が水分不足で萎縮していくばかりです。こうした事態を防ぐには、体外からコンドロイチン硫酸を積極的に補給する必要があります。コンドロイチン硫酸を補給して、その体内含量を保持できれば、身体の枯渇は最小限に迎えることができるようになります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアやはてブして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今すぐ電話予約を!